スイスの公式情報サイト

スイスの公式情報サイト

Your Gateway to Switzerland

特別なパン

聖ニコラウスのパン

12月6日の聖ニコラウスには、スイス各地で特別なパンを食べる風習がある。現在は、スイス全土で人形の形をしたパンが食べられているが、中央スイスでは、その昔、カタツムリや鳥の形をしたパンがあった。© swissworld.org

スイスでは、各州で多種多様なパンが作られており、特に、特別な日のために作られるまさに芸術的と呼べるパンもある。中でも、アッペンツェル州、ヴァリス/ヴァレー州、ベルン州で作られるパン生地を三編みのように巧みに編んで、さまざまな造形を作るパンがよく知られている。

アッペンツェル州の“フィレブロート”というパンは、スイスで春先に姿を現すかたつむりの形をしている。ヴァリス/ヴァレー州の“ミッシャ”という洗礼式用のパンは、十字架の上に救世主イエスを模ったものである。さらに、ベルン州の“キンドベッティブロート”は、子供の誕生を祝って作られる。

聖ニコラウスの日には、“グリッティビェンツェ”、または、“ハンゼルマンネ”“ボーンホメス”と呼ばれる人形の形をしたパンが焼かれる。研究者の調べによると、紀元前にケルト人が神の力を享受する目的で、生地で神を模った人形を作り、宗教儀式の際の食事とした風習の名残であるという。

いくつかの地方では、スイスがその昔、貧しく、食べ物が無かった時代を思い起こさせるパンを配る伝統風習がある。シュヴィーツ州のカーニバルのでは、道化師のブレッツが、人々に杖の先にぶら下げたリング状のパンを配り、、ザンクトガレン州ヴィルでは、カンテラで飾られた新年のパレードが子供たちに“アルトヤールマン”というパンの人形を配って歩く。

スイスでは、12月6日の聖ニコラウスの日に特別なパンが焼かれる。子供たちに特に人気は“ツオップ”と呼ばれる三つ編みパンの生地で作られた“グリティビェンツェ”である。