スイスの公式情報サイト

スイスの公式情報サイト

Your Gateway to Switzerland

渦水で発電

シュフトラントにある渦水発電所の貯水槽 (新しいウィンドウ)

シュフトラントにある渦水発電所の貯水槽© www.gwwk.ch

渦水発電所のルーター (新しいウィンドウ)

渦水発電所のルーター© www.gwwk.ch

貯水槽のモデル (新しいウィンドウ)

貯水槽のモデル© www.gwwk.ch

金のワット賞を受賞した小型渦水発電所“ベルトラント・ピカール博士” (新しいウィンドウ)

金のワット賞を受賞した小型渦水発電所“ベルトラント・ピカール博士” © Swiss Federal Office of Energy SFOE

スイスは、再生エネルギーの分野において世界の先端を担っている。スイスでは、革新的なアイデアが生まれ、優れた研究者たちによって有効な技術が探られている。2009年、アールガウ州シュフトラントでは、スイス初の、そして、現在スイスは、再生エネルギーの分野において世界の先端を担っている。スイスでは、革新的なアイデアが生まれ、優れた研究者たちによって有効な技術が探られている。2009年、アールガウ州シュフトラントでは、スイス初の、そして、現在スイスは、再生エネルギーの分野において世界の先端を担っている。スイスでは、革新的なアイデアが生まれ、優れた研究者たちによって有効な技術が探られている。2009年、アールガウ州シュフトラントでは、スイス初の、そして、現在までのところ唯一の水渦発電所が操業を開始した。水渦を利用してエネルギーを作るこのプロジェクトに多くの期待が寄せられている。

新しい種類の発電所

渦水発電所は、それ自体が河川の中に作られ、0,7m以上の水位、毎秒約1,000リットル以上の水量があれば、機能する。小型でメンテナンスのいらない持続的な方法で建設される渦水発電所は、理想的には、50年から100年の寿命があるとされており、革新的な技術によって、シンプルで経費のかからない技術である。

渦水発電所は、従来の水力発電所とは、機能的に大きく異なる。渦水発電装置は、底の中心に排水溝がある丸い貯水槽の中に置かれ、ルーターと排水溝の間の重力によって生じる渦(例えば、風呂の栓を抜いた時に生じるような上から下の排水溝に向かって生じる安定した左右対称の渦)によってルーターが動かされる。

貯水槽の中のルーターは、毎秒約20回転し、発電機を動かして、エネルギーを電力に変換する。作られた電力は、その後、供給網で供給される。渦水発電は、放電や高圧水も生じない“クリーンテクノロジー”の規準をクリアしており、エネルギーの97%がCO2を排出せずに作られている。

渦水発電の長所

渦水発電には、多くの長所が挙げられる。:シンプルでメンテナンスのいらない技術であり、維持費が安く小型である。加えて、人間と自然の両方に有益なエコロジカルな技術であることも重要な要素である。例えば、ローターの間を魚が行き来することができるため、魚の移動を妨げることがなく、魚に危害を与えない。さらに、水が規則的に空気と撹拌されるため、水中に酸素が満たされ、水中の微生物の生育や水の浄化におおいに役立つ。
スイスでは、自然侵害が厳しく制限されており、特に建築物は、表から見えないように建設される対策が講じられている。貯水槽は、植物の陰に隠れてほとんど見えないよう造られている。

スイス初の渦水発電所

2009年、アールガウ州シュフトラントにスイス初の、そして、現在までのところ唯一の渦水発電所が建設された。直径6,5m、深さ1,5mの発電所は、水の状態により、10~15kW、年間8万~13万kWh、スイスの20~25世帯、50人~60人が年間に消費する電力を賄うことができる。発電所のオーナーは、スイス渦水発電組合で、技術提供は、WWWエネルギー有限会社が行っている。再生エネルギーの分野でよく知られるベルトラン・ピカール博士がこの試験発電所の賛同人となり、自身のこの新しい発電施設は、高い評価を得、2011年の『金のワット賞‐再生可能エネルギー部門』を受賞した。金のワット賞とは、スイス連邦エネルギー庁が毎年、エネルギーの分野で最も高い評価を得たプロジェクトに与える賞である。賞を受けることによりプロジェクトは、エネルギーの分野で活動する団体や個人への知名度が上がるため、宣伝、および、マーケティングの効果も大きい。受賞者には、記念トロフィーが授与され、名声を得ると共にメディアにも取り上げられ、プロジェクトの品質が保証されることにもなる。

 未来

スイス渦水発電組合の中長期的な将来性は、言うまでもない。:国民は、CO2を排出しない分散型の再生可能エネルギーを支持するであろう。世界をリードする専門知識を有するスイスは、能率的で、かつ、確実な再生可能エネルギーを長期的に生産するという目標を追求しなければならない。そのためにも適所により多くの渦水発電所が建設されなければならない。 

外部サイトへのリンク