スイスの公式情報サイト

スイスの公式情報サイト

Your Gateway to Switzerland

フランツ・ルードヴィック・プフィファー

フランツ・ルードヴィック・プフィファーの模型 (新しいウィンドウ)

フランツ・ルードヴィック・プフィファーの模型© geod.ethz.ch

フランツ・ルードヴィック・プフィファー(1716~1802)は、ルツェルン地区の地形を11,500分の1の縮尺で正確な模型に再現し、スイスで最古の地層模型を製作した人物である。プフィファーは、この模型製作に24年を費やし、模型は、1786年に完成した。

ルツェルンの貴族の生まれだったプフィファーは、スイス傭兵としてフランスに赴いた際に、要塞の模型から地図を立体的な模型にすることを思いついた。

模型の製作には、レンガ、木炭、石膏、砂、蜜蝋、金属製の釘や板、留め針、繊維、陶片などが使用された。6.7m×3.9mの巨大な模型は、136個のパーツを組み合わせて作られていたため、分解して別の場所に運び、再び組み建てることが可能だった。

近年、プフィファーの地層模型が最新のコンピューター技術を駆使して修復され、当時、プフィファーが寸分の狂いも無いプロポーションで模型を製作していたことが確認された。

外部サイトへのリンク