スイスの公式情報サイト

スイスの公式情報サイト

Your Gateway to Switzerland

太陽エネルギー

太陽電池で発電したエネルギーで走行する乗り物の開発は、世界的に行われており、スイスも太陽エネルギー開発の分野で目覚しい成果を遂げている。

ソーラーカー

ビール・エンジニア学校(現在、ベルン技術・建築高等専門学校)では、1985年からソーラーカーの研究開発を行っており、90年代に入り、 ビールの技術者が開発したソーラーカー“スイス・スピリット”シリーズが、オーストラリア縦断3,000Kmレース“ワールド・ソーラー・チャレンジ”において優秀な成績を収めた。

ルツェルンのルイス・パルマーは、ルツェルン技術高等専門学校の技術者たちの協力のもと、ソーラーカー“ソーラー・タクシー”を開発し、2007年には、“地球温暖化を阻止する方法を示す”ことを目的に、ソーラーカーでの世界一周を果たした。

ソーラーボート

スイスの湖では、ソーラーボートを見ることができる。太陽エネルギーを利用して航行するカタマラン型の世界一の大きさを誇る大型客船“モビキャット”が2002年に開催されたExpo02で活躍し、スイス各地の湖で博覧会を訪れた多くの観客を乗せて航行した。Expo02における“モビキャット”の目的は、環境問題の提言ではなく、輸送手段としてのソーラーボートの可能性を示す機会として多くの人に紹介された。特に、Expo02では、ムルテン湖に浮かぶフランス人建築家ジャン・ヌーヴェルが設計したモノリスを見学するために多くの人々が“モビキャット”を利用した。

2006年から2007年にかけて、マルティン・ヴォッセラーと造船技師のマルク・ヴュスト率いる“トランスアトランティック21”チームは、ソーラーボートのカタマラン“サン21”に乗って、大西洋横断を果たした。2007年、マルティン・ヴォッセラーは、将来のエネルギー活用のモデルとなるその功績を称えられ、スイス・ソーラー賞を受賞した。

その他、進行中のプロジェクトとしては、2006に始まったカタマラン型ソーラー船“プラネットソーラー”が挙げられる。“プラネットソーラー”は、再生エネルギーである太陽光エネルギーを原動力として、2011年4月から160日間をかけて世界周航に挑む。 

飛行機、そして、宇宙へ

1999年、世界で初めて、熱気球による無着陸世界一周を果たしたスイス人精神科医ベルトラン・ピカールは、現在、ソーラー飛行機“ソーラー・インパルス”プロジェクトの枠内で、太陽エネルギーを原動力とする軽量飛行機HB-SIAの開発に関与している。2013年には、昼夜を通した無着陸世界一周飛行が計画されており、2010年春には、最初のテスト飛行が行われた。

太陽エネルギーを利用した乗り物は、宇宙にまでその活躍の場を広げている。ローザンヌ連邦工科大学は、太陽エネルギーを利用した火星探査用のミニ・飛行ロボットの開発“スカイ・セイラー”プロジェクトを行っている。