スイスの公式情報サイト

スイスの公式情報サイト

Your Gateway to Switzerland

スイスの生物の多様性

生物の多様性は、遺伝子学的な生物の多様性、そして、生物種、生息域の多様性を示す。スイスには、5万種類以上の動植物が生息していると言われている。哺乳類は、比較的少なく、83種で、最も種類が多い生物は、約3万種類の昆虫類である。哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類の数は、1997年から2005年にかけて、ほぼ安定しているが、いくつかの生物種が絶滅した。逆に、オオヤマネコなどは、過去にその数が減少したものの、輸入され、もしくは、熊のように繁殖して、再び数を増やした。

スイスには、19世紀中頃から終わりにかけてが最も生物種が多かったとされている。

スイスは、1994年、世界全体の生物多様性の保存問題に取り組む国連の生物多様性条約に強制力を持たない締結をし、生物の保護と継続的な生物多様性の受益を目的とした調査と観察を行うことで同意した。

外部サイトへのリンク