スイスの公式情報サイト

スイスの公式情報サイト

Your Gateway to Switzerland

スイスの国旗

(新しいウィンドウ)

© swiss-image.ch/Christof Sonderegger

国旗の歴史

有名な赤地に白十字の旗は、19世紀にスイスの国旗となったが、それまでは、スイス盟約者団の兵士のための目印でしかなかった。国旗の歴史は、1339年に勃発したラウペンの戦いの際に始まった。他の兵士と区別を図るためにスイスの兵士の鎖帷子に白十字を付けていた。次第に州旗にも小さな白十字が付けられるようになった。共有の軍旗となると、とりわけ共有の保護区には、当然、白十字が使用された。旗の赤地は、同じく赤をベースとしていた昔のベルンの旗を手本としたと思われる。

ヘルヴェチア共和国(1798年~1803年)の時代、アンシャン・レジームのシンボルとして、ナポレオン・ボナパルトは、白十字を掲げることを禁止し、緑、赤、黄色のトリコロールの旗を強制した。これが、スイスの最初の国旗となる。ヘルヴェチア共和国の衰退と共に再びすぐに廃止となった。

1815年、赤地に白十字のついた腕章をスイスの兵士がつけることが軍の規則となった。その後、それぞれの大隊がスイスの紋章の下に戦地に向かった。中央集権制となる以前の時代には、多くの兵士がそれぞれの州の軍旗だけを唯一、忠誠心の宣誓としていた。
分離同盟戦争の時になり、司令官ギョーム=アンリ・デュフールのイニシアチブによって、スイスの旗は、スイス盟約者団共通の軍旗となり、国旗となった。分離同盟戦争の勝者は、現代的、中央集権的権力として国家のシンボルを必要とした。1848年に制定された憲法でも赤地に白十字の旗が公式国旗に定められた。

正方形の旗

スイス国旗の独自性は、現在でもなお、軍事的な起源を保持し続けている。スイスの国旗は、正方形である。他には、バチカン市国の旗だけが世界で唯一、正方形である。
スイス国旗の形は、法的には定められてはいない。しかし、2007年1月1日から、赤の色は、パントーン485(マゼンタと黄色のミックス)に定められ、白十字の大きさも1889年、縦線の長さは、横線の6分の1でなければならないと規定された。

 

外部サイトへのリンク